授業の進め方

小学生の授業の進め方


  • 小学生は、「できる」「わかる」ところから始めて徐々にレベルアップしていきます。「できた!」「わかった!という成功体験を積み重ねることが、学習意欲につながります。

 

  • 定期テストのない小学生は、学校の授業にとらわれることなく、一人ひとりのペースで学習を進めることができるためわからないことは時間をかけてゆっくりと学習します

 

  • 当教室で受験できる「算数検定」や「漢字検定」で合格することを目標に学習することで小学生でもモチベーションを高く維持し、学年を超えて学習している生徒もいます。

 

  • 小学4年生で入塾した生徒の中には、小学6年生で中学1年生の数学と英文法を終える生徒もいます。

中学生の授業の進め方


中学生は、高校受験に向けて1年生の定期テストから点を取ることが、内申点を高く維持するために必要です。島根の県立高校入試では、中学1年生から内申点が加算されるためです。小学生で入塾した生徒は、中学入学までにある程度先取り学習しています。

  • 通常授業(定期テストがない月)

基本的には、教科書の進行に沿って学習を進めて行きます。
小学生から入塾した生徒や季節講習を受けた生徒は、先取り学習をしています。
そのため定期テスト前は、復習となり他教科の学習をする余裕が生まれます。
数学と英語で週2回の受講が多いです。

  • 定期テスト月の授業

定期テスト2週間前からは、テスト対策として受講科目以外の学習も行います。教科書対応のセルモシステムを使ってテスト範囲を徹底的に学習します。もちろん過去問などで実践演習も行います。

  • 高校入試対策

高校入試の出題範囲までの学習を先取りします。
パソコンによる学力テストで苦手分野を抽出して復習することを繰り返してレベルアップを計ります。理科や社会は、セルモシステムで繰り返し学習します。
また入試過去問等を使っての実践演習や解説は、9月頃から入試直前まで行っています。


体験授業のお申込みは…
・電話:0853-27-9667
より詳しい情報は…
・ホームページ   http://www.school-izumo.com