–>

ワード&ビジュアルマップ

22年春の高校入試対策の一つで作成したワード&ビジュアルマップ 歴史編

テストでよく出題される人物・文化財・重要用語などの単語を磁性シートに印刷し、切り抜いたものをホワイトボードに並べた”ワードマップ”の試作品。

縄文時代~江戸時代のペリー来航前までのもの。

時代・文化・時の権力者・芸術文化・建築物・宗教・貿易・貨幣などなど

時代の流れをイメージで把握し、重要語句のつながりを言葉で補足しながら学習することができます。

まずは”時代”を順番に並べることから始めています。

 初めてやってもらうと時代を並べれない子がいる。

ワードマップをさらに進化させたのが、”ワード&ビジュアルマップ”

教科書にある写真類(建築物・仏像・人物・貨幣・絵図など)を磁性シートに印刷したものを追加したもの。

最近の入試問題は、絵図をベースにその時代の出来事に関連付けたり、順番に並べ替えたりすることがよくあるので、全体像を把握する目的で作成したものです。

ちなみに22年の春の高校入試では、”貨幣の写真の並べ替え”が出題されました。

並べ方に正解があるわけではないが、時代があっているかを答え合わせするため用にiPadも。