–>

2025年春からの総合選抜入試とは?

2025年の春の公立高校入試に導入される自己推薦「総合入学者選抜」に関する発表がありました。

詳しい情報は、島根県のホームページ

自己推薦入試とは

  • 自己推薦入試と一般入試の2回の受験機会が得られる。
  • 中学校等の校長の推薦が不要になる。
  • 募集人数
    大社高校 普通科25%、体育科60%
    大社以外は、定員の40%
  • 出願要件
    ・高校毎に設定。
    ・評定平均の指定点数以上
    ・部活動等の実績など
  • 選抜方法
    ・志望理由書の提出
    ・高校指定の選抜検査(2つ以上)
  • 選抜検査
    ・面接・口頭試問
    ・作文・小論文
    ・プレゼンテーション
    ・学力検査(国数英60分の試験・各20点)
    ・実技(大社高校・体育科)

出雲地区の高校の試験項目と出願要件

※出雲エリアをまとめたPDF資料


自己推薦入試に向けて

出願条件

  • 出席状況が良好とは?
    ※従来の推薦入試では、理由を問わず年間10日以上になると対象外の事例あり。
  • 評定平均の学年指定がない場合、中学2年生~3年生2学期までの成績が出願条件になる。
    翌年以降(現在中学1年生)は、中学1年生~の可能性があるので要注意。
  • 部活動等での出願条件に評定平均3.0以上が設定が多い。
    ※部活動に関しては従来の推薦に比べ、学業の閾値が上がる。
  • 普通科の高校の学業での出願条件は、評定平均4.0以上必須。
    ※初年度は、2年生からの成績であるが、次年度以降は、1年生からの可能性あり。
    中学1年生から対策が必要。
  • 出雲高校 理数科の数学または理科の評定平均4.5以上は、オール5とほぼ同じ。
    ※従来の中2、中3の1・2学期の3回で考えると「5・5・4」以上の評定が必要。
  • 松江北や松江南は、普通科でも評定平均が4.3~4.6以上、英語4.6以上か英検準2級以上など出願要件が高く設定されている。
    松江北の理数科については、数学・理科の評定平均4.8以上。
    ※英語検定準2級以上の取得は、家庭学習が重要になってくる。

選抜試験

  • 教育委員会が作成する60分で3教科の試験問題のレベルや問題量は?
    →今後、試行テストとか見本問題とか提示されるのか?
  • 出雲商業は、全員プレゼンによる自己アピール力が必要になるので、アピールできる何かを意識して、学校生活を送ろう。

お問合せ先

個別学習のセルモ 出雲枝大津教室
電話:070-8527-9667
公式LINEお友だち追加してから、お問い合わせできます。

タイトルとURLをコピーしました