–>

島根県公立高校入試点数と偏差値


2023年春の島根県公立高校入試の公開データから、偏差値を算出しました。

各高校の偏差値は、どのテスト結果を基に算出したかによって若干の差があることを理解した上でご覧ください。

島根県全体の平均点が139.2点になり偏差値50

合否判定は、2段階で行われ、最終的に入試の点数+内申点+面接・実技係数処理された合計点で判定されます。点数がボーダーライン付近の人は、中学1年生からの内申点が同じ高校を受験する人中で平均的な点であることが重要です。

内申点が低ければ、+10点、+20点多くとる必要があります。

出雲高校を目指すならば、中学1年生の1学期から定期テストでしっかりと点をとり続けることです。

・4点×9教科×4期=144点 ‥・出雲高校・普通科

・3点×9教科×4期=108点 …専門系の公立高校

※中1、中2、中3・1学期、中3・2学期の計4期

上記の表は、WEB上にある各校の偏差値と公立高校入試点数を視覚化したものです。

内申点は各校の受験者の平均点と考えて、内申点が低いと思ったら、1~2段階点数がアップして目標にしましょう。

学習する上での目標・目安とお考え下さい。


お問合せ先

個別学習のセルモ 出雲枝大津教室
電話070-8527-9667 (塾専用回線)
LINE友だち追加後、問合せできます。

タイトルとURLをコピーしました